2018年7月16日月曜日

One of my favorite 50s style kimono coat. it makes me keep warm in winter . 最近夫婦で夜な夜な「前略おふくろ様」という70年代前期のドラマを観ているのですが、70年代の深川の老舗料亭を舞台に繰り広げられるその話に出てくるおかみさんや若女将さんなどの着物姿が楽しみで、その着方と言ったら、紬の長着にスッキリしたデザインの帯を締めて、衣紋は抜かずに衿は詰め気味。いかにもその当時の東京!といったスタイルで今ではなかなかこういう着方をする人はいないなぁとか、この半衿にくいねえ とか、そんな風に考えながら観るのが楽しいです。 私はどちらかというと衣紋はそこまで抜かないのですが、前の衿の合わせはゆったり目が好みだったりします。 でも今回のスタイルは着物とコートの年代に合わせて、ちょっと50年代から60年代にメインストリームだった着付け、衣紋はほとんど抜かずに衿はかなり詰め気味の感じでやってみました。なんかやっぱり自分の感じでない着付けだど自分の中でしっくりきませんね 笑 上半身がやけに張ってるみたいに見えますね・・。 このビンテージコート、可愛いセルロイドの大きなボタンが付いててやけに可愛い。頭もかなりまだきついピンクで、ものすごく派手なおばさんになっております。